犬の皮膚病犬のアレルギー犬のアトピーの増加にはさまざまな要因が考えられる。犬の皮膚病犬のアレルギー、犬のアトピーの増加要因は出産方法、ブリーダー、ペットフード、ストレスなどが考えられる。

CONTENTS
●トップページ
アトピーについて
●犬のアレルギー質問掲示板
●犬のアレルギー無料相談
●犬のアレルギーQ&A
●犬のアレルギー増加の要因
●犬のアレルギー克服理論
●犬のアレルギー克服の実践
●犬のアレルギー治療現場
●犬のアレルギーの取り組み
商品一覧
乳酸菌サプリメント
プロバイオペット
ペットフード
五穀ペットクラッカー
ミネラル
ミネラルDaワン・ニャン
ローション
pHローションDaワン・ニャン
消臭・防虫スプレー
スーパーミスト
●犬の食事
●会社概要
●送料&お支払方法

●特定商取引法の表記

●お問い合わせ
●プライバシーポリシー
■株式会社ズーム
office@xoom.co.jp
TEL 076-280-3206
FAX 076-280-3207


これほど犬のアトピー多くなった要因はいったい何なのか検証してみよう!

アトピーがこれほど多くなった要因1
分娩方法に大きな問題あり

現在では、何百種類の犬種が日々姿を現している。この犬に良く似ているけど犬名は違う。ペットブームの最中、いかに高く売れるかを競いながらブリーダーたちは、新種交配を繰り返しながら、メジャー犬を作り出そうとしている。

犬の本来持っている犬種のDNAなどお構い無しだ。当然奇形など多く発生するだろう。その為に正常なホルモン形態が作れず、多くの出産は正常な自然分娩システムが施されず、帝王切開が殆どなのです。

ここに多くのアトピー犬を排出する裏があるのです。

人間も同様に生後まもなくのアトピーの原因は、出産時における胎児の受菌バランスに、アトピー性皮膚炎といわれる「免疫過剰」が発生するのです。無菌状態の胎内で約7〜9週間育った胎犬は、自ら副腎ホルモンを分泌させ、出産に至るのですが、通常、この出産時の産道で免疫が構築され、雑菌社会で生活できる免疫システムが構築されます。

しかし、犬種が違えば、菌種も違い正常な免疫バランスを構築できず、腸管での腸内細菌バランスも属は同一でも種は異種となり正常とはならない。

また、多くの出産は、帝王切開であることから、産道で受けなければならない免疫菌を受け取れずに、直ぐに空気中の雑菌群を多く受菌することになり、その菌群の腸管増殖で免疫過剰が仕組まれると予想されます。

そして、生後まもなくその様な症状になれば、当然販売は出来なくなるために、、、どうなるのでしょう。処分か、ステロイドホルモン剤による処置にて、一時的回復をさせるかで、進行するのでしょう。・・・本当に怖いです。
 

アトピーがこれほど多くなった要因2
ブリーダーに問題あり

前述の分娩方法が一番の問題であるが、それらの一大ブームを作り上げたブリーダーたちのワンちゃんへの取り組み方にも大きな問題がありそうだ。いや、逆にその問題のブリーダーの方たちと対抗して、その改善に取り組むかたがたもあられることは確かです。・・が、一部です。

犬種基準に合わないブリーディングがいかに多いか、この多さの分だけ病気になる犬があるのでしょう。さらに、基準を無視してブリーダーたちは、自分の好みやセンスでどこかにそれぞれの主義主張を出しながら、自分の理想像を求めて交配を重ねていくことになる。そのためには血液や遺伝子が少しづつ変化してゆくのでしょう。

自己の手で生きてゆくことの出来なくなった犬たちは、人間の我がままな欲望に添って生きていかなければならないのだ・・・徐々に姿を変えながら、、悲しいことです。

このことを悲しみ一生懸命、そのプロセスを守りながらブリーディングする方々が多くいるのも事実なのですが、、、、人間の医療と同様に、経済システムに巻き込まれている。



アトピーがこれほど多くなった要因3

家の構造に問題あり

元々犬は、狼や狩猟からのスタートであったが、野生であり外で生活する生物であるが、多くの飼い主は、外の危険から守るために、また、自分を癒すために家の中に引き込んでしまいました。

犬は、地球からの信号を体に受けて、今の季節や気圧、時間を察知して行動しているのです。その信号は、磁力線であり空気中では一直線に受けることが出来ますが、家の中では、その信号を受信妨害する多くのモノが溢れています。

家の構造自体である鉄筋や鉄骨、照明、配線コード、多くの電気製品などは、電磁波を出し、その信号を阻害することになります。そして、四季や気圧、温度、時間を察知することが鈍くなり、体の根源とされる「自律神経」を大きく揺るがして、作用される多くの器官はアンバランスとなり、人間と同様の病気が多く発生しているのです。

このアトピーも大きく関与しています。また、犬と同居になる部屋の多くはフローリングであり、不安定な場所での歩行や飛び跳ねは、良く滑り腰への負担が大きく、腰椎や脊髄からでる神経腺のながれも悪くなり、神経伝達関連の病気も多くなっているのです。やっぱ、ワンちゃんは外で飼いたいよねぇ・・でも、外は危ないし、、困った日本ですね。



アトピーがこれほど多くなった要因4
ペットフードに問題あり

人間と同様に多くの病気が表面化してきたのも、ペットフードの普及が始まってからの現象なのではないか?そう考えはじめると、いろんな疑念がむくむくとアタマを持ち上げてくる。

食品会社のラベルの貼り替え事件を思い出してほしい。いろいろきびしい管理下に置かれているはずの人問の食べ物でさえあんなていたらくなのだから、法的なしばりがなく、ラベルの表示についてすら何の規制もないペットフードを「信用しろ」という方が無理というものだ。

ある先生は言う「病気の原因の多くは食べ物だと思うんですが、それはわれわれがいちばん知らない部分だったりするわけです。大学の授業で栄養学とかがあるわけじゃないですし。

僕の中で、ドッグフードがよくないことはもう決まっていることなんですが、それは開業して多くの症例を見てきて、その中からどうやらそうなのではないかと感じ取ってきたことなんです。

犬の皮膚病の深刻さとかガンの発症率を考えたときや、タンパク質の過剰摂取による肝臓病とかもそうですが・状況はまともじゃない。そんなに出なくてもいいだろうというぐらい出てますから・・それはいろん要素が複合的に組み合わさって出るんでしようけれども、やつぱり口から入れるものの影響がいちばん大きいことは明らかです」・・と。

また、ある先生は、「アレルギーは食べ物からきていることがかなりあります。悪いフードはほんとに悪いですよ。その子の体質によって合う合わないはあると思うんですけど、皮膚病の原因とか消化器系の病気の原因をつくっているものもあります。とくに安売りの粗悪品とかはかなり身体に悪い。また、猫用のキャツトフードには重金属の汚染すらある。

私の病院には、水銀と鉛とアルミとダイオキシンのサンプルがあるんで、それが動物に蓄積されているかどうかをチェックするんですけど、かなり出ます。それは口から入るもの、おもに食べ物と水ですね。一度全部調べてみたら、ドッグフードよりもキャツトフードに圧倒的に反応が出てびっくりしたことがあります。やつぱり海の魚とかを使うからでしょう。だから発ガン性もあるでしょうし、皮膚のトラブルの原因にもなる。」

さらに、「ペットフードの中にペットが入っている・まさか、と思う向きもあるだろう。しかし、本当に起こっていることなのだ。ペットの肉は、屠殺場で人間の消費用にまわ せなかった他の肉と混ぜられる。

その内容は、スーパーマーケツトから返品された腐つた肉や、レストランから出る脂やゴミ、道端で死んだ動物、果ては動物園で死んだ動物とさまざまだ。」・・・と。まさかと思うだろうが本当である。ペットフードの工場の従業員の証言らしい。

ワンちゃんも家族なんだから、家族として三度のご飯は作って欲しいものですね



アトピーがこれほど多くなった要因5
いろいろなストレスの要因あり

家の中は、冬は暖房、夏は冷房となり、暖かいソファやベットがあり、飼い主さんからの有り余る愛情を受けて、ワンちゃんたちは一見快適そのもののに見えますが、こうした快適さがストレスとなっていることなんです。

ワンちゃんは、もともとは野生であり外で狩猟をして生きており、家族も形成しているのです。何不自由ないお金持ちの生活に不満を持ち、いろいろな事件を起こす人間の構図に似ている様な気もします。

溺愛され、甘やかされ、我侭放題の生活にも、若い時はそのDNAで簡単に修復できた体も、年を取るごとに簡単には基に戻れなくなるのでしょう。 原因不明の慢性疾患などもこのストレスで起きると推測されます。

また、家族の帰るまでの孤独、閉ざされた部屋で待ち続けなければならないストレス、、、人間なら、テレビがあったり外出したり出来ますが、、犬はそういうわけには行きません。

可愛いから甘いものをあげてしまうおばあちゃんやおじいちゃんのおやつ提供は、止め処なく続けられ、肥満となり心臓病や糖尿病、アレルギー、関節炎などの病気が待っているのです。

家族の環境によって違うと思うが、思春期の子供がいる家族では家庭の不和が多く見られ、それらの察知力に長けているワンちゃんはいつも気を遣うことになるのです。

これら多くのストレスは、体内に多くの活性酸素を発生させることとなり、細胞や腸内細菌やミネラルの減少なども、アトピーになる要因とも言えるでしょう。



弊社では犬のアトピー・アレルギーのサポートをアレルギー研究室アトポスと共同で行っております。犬のアトピーには全てアトポスの理論を取り入れています。下記の内容はすべてアトポスの内容となっています。 アレルギー研究室アトポス ホームページ 
 
 
Special Contents
オススメサイト
Topics
ズーム
http://www.xoom.jp/
--------------------
いいおなかドットコム
http://www.iionaka.com/
--------------------
アレルギー研究室
アトポス

犬のアトピー
http://www.atoppos.com/

人のアトピー
http://www.atoppos.co.jp/
--------------------
 
--------------------
Copyright 2005 Xoom Co., Ltd. All rights reserved